木村フィリップミノルの引退理由は?総合格闘家に転身か?RIZIN出場も?

 

K-1選手の木村フィリップミノル選手が2021年12月4日のK-1大会をもってK-1を引退すると公言しています。

 

木村フィリップ選手はK-1を引退後、どのように人生を歩んでいくつもりなのでしょうか?

 

このまま格闘技を引退してしまうのか?それとも総合格闘家に転身するのか?

 

調べてみましたのでご覧ください。

 

スポンサードリンク

木村フィリップミノルがK-1を引退!

 

木村フィリップミノル選手は、2021年12月4日のK-1大会前の会見で引退することを表明していました。

 

「突然の報告になってしまうんですけど、今回はK-1のラストマッチにしようと思ってます」

 

このコメントが出た時に、多くの木村ミノルファンは「なんで?」という気持ちとともに「やっぱりな」という気持ちになった人もいたそうですね。

 

すでにK-1の同じ階級では木村フィリップミノル選手の相手がいないというのも挙げられますし、もともとパンチが主体の戦い方なので、K-1よりもボクシングのほうが向いているのでは?と言われ続けていましたからね。

 

しかし引退後の身の振り方に関しては自身の口からは何も発表していないので様々な説が噂になっているようですよ。

 

スポンサードリンク

木村フィリップミノルの引退理由は?

 

木村フィリップミノル選手のK-1引退の裏にはどのような考えがあるのでしょうか・・・。

 

このまま格闘家を引退するということはないようですが、なぜいきなり引退する気持ちになったのでしょう。

 

それには様々な説があります。

 

ONEチャンピオンシップに移籍する

 

ONEチャンピオンシップは韓国が立ち上げた格闘技団体で、AbemaTVの企画「格闘代理戦争」でも絡んだことがある団体です。

 

総合格闘技ではあるもののキックボクシングのような立ち技の格闘技にも力を入れており、あの那須川天心選手と死闘を繰り広げたロッタン選手ペトロシアン選手などもONEに移籍しています。

 

またK-1と比べるとファイトマネーがケタ違いなので、今後の金銭面や生活のことを考えるとONEに移籍することもあり得るでしょうね。

 

ファイトマネーに関する記事はこちら!

 

 

ボクシングに転向する

 

木村フィリップミノル選手は以前から自身のYouTubeチャンネル内でボクシングを練習している動画を頻繁にアップしています。

 

やはりファイトマネーのことを視野に入れると、K-1とボクシングでは圧倒的にボクシングのほうがファイトマネーが高いです。

 

同じK-1チャンピオンだった武居由樹選手や、那須川天心選手もボクシングへの転向を表明していますからね。

 

木村フィリップミノル選手はキックももちろん強いですが、やはりメインは圧倒的な威力を持つパンチです。

 

そのパンチを活かすためにもボクシングに転向するということはあり得ますね。

 

那須川天心選手に関する記事はこちら!

 

 

総合格闘家に転向

 

木村フィリップミノル選手のようなフィジカルを持っている選手は、立ち技よりも何でもありの総合格闘技のほうが向いていると言われています。

 

何よりも体幹が強くパワーもスピードもある選手ですから、総合格闘技に挑戦しても結果を残せるのではないでしょうか。

 

同じジム「パージ東京」に所属している久保優太選手は、すでにK-1からボクシングに転向することを表明していて、実際にRIZINに出場した時は総合格闘技で戦っています。

 

武居由樹選手、那須川天心選手、そして同じ同門で苦楽を共にしてきた戦友、久保優太までが他の格闘技に行くことを表明している今、木村フィリップミノル選手もK-1にとどまるべきではないのでしょう。

 

年齢的にもここでK-1から離れて新たな格闘技に挑戦するという木村フィリップミノル選手の判断は正しいのだと思います。

 

武居由樹選手に関する記事はこちら!

 

 

身体が限界?

 

じつは一説には木村フィリップミノル選手の身体はドーピングによるものという噂があります。

 

K-1には厳重なドーピング検査がないため色々な噂が出てしまうんですよね・・・。

 

木村フィリップミノル選手のあのスゴイ筋肉もドーピングによるものだとしたら引退するということも納得できます。

 

筋肉増強剤などの薬物を使用すると、圧倒的な筋肉を身に着けることが出来ますが選手としての寿命は確実に短くなります。

 

あのアリスターオフレイム選手ミルコクロコッップ選手も、K-1ではドーピング疑惑が出ませんでしたがUFCやベラトールなどの厳重な薬物使用を検査する団体ではドーピングができないために今一つ結果を残せていませんからね・・・。

 

そしてミルコクロコッップ選手はドクターストップにより格闘技を引退しているし、アリスターオフレイム選手は引退こそしていないもののUFCではもう試合ができない状態になっています。

 

過去に1番ドーピングが疑われた選手はPRIDEで活躍したケビン・ランデルマン選手ですね。

 

 

人間とは思えないほどの筋肉でドンキーコングという異名をもっていましたが、わずか44歳という若さで心不全で亡くなっています・・・。

 

この時の死因もうらではドーピングによるステロイドの打ち過ぎが原因だったと噂されたほどでした。

 

ドーピングというのはそれだけ身体に大きな負担がかかるとは誰でも知っていると思いますが、木村フィリップミノル選手ももう戦えないほど身体が蝕まれてしまっているのかもしれませんね・・・・。

 

ちなみに、そんなアリスターオフレイム選手やミルコクロコッップ選手は現在は何をしているのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

木村フィリップミノル選手の引退理由について調べてみました。

 

引退して考えられることをまとめてみました。

 

・ONEチャンピオンシップに移籍する
・ボクシングに転向する
・総合格闘家に転身する
・そのまま格闘家を引退する

 

会見では格闘家人生は続いていくと言っていたので、おそらくどこかの団体に移籍するのだとは思いますが・・・・

 

もし今までの身体がドーピングによるものだとしたら、このまま引退するということもあり得ますね。

 

今後の木村フィリップミノル選手の動向に注目です!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました