芦澤竜誠の引退理由がヤバい?!現在の活動を調べてみました!

格闘家の芦澤竜誠さんが引退してしまいました。

ファンの中には、もう一度彼の試合が見たいと思っている人も多いのではないでしょうか?

K-1選手として人気もあった芦澤竜誠さんは、なぜいきなり引退を表明したのでしょうか?

じつは、彼の引退の裏にはある理由が隠されていたようです。

調べてみましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

芦澤竜誠のプロフィールはこちら!

引用:https://www.k-1.co.jp

プロフィール
名前芦澤竜誠
生年月日1995年5月1日25歳
出身地山梨県南アルプス市
身長175cm
職業K-1選手(2019年6月で引退)
所属チームペガサス
戦歴33戦21勝11敗1分け
愛称ペガサスの核弾頭

「人を殴って怒られない場所はこの世にない。格闘技は人を殴って褒められる世界だから最高!」

そう言って格闘技の世界に飛び込んできた芦澤竜誠さんは、K-1会のビッグマウスと呼ばれるほどリップサービスが旺盛な選手でした。

 

試合前から相手を挑発したり、時には取っ組み合いのケンカに発展することもしばしばあったようで、小澤海斗選手には「雑魚」だの「馬鹿」だの罵倒を繰り返し、西京春馬選手には「クソガキ」とののしるほど大口をたたくファイターです。

しかしそのリップサービスの凄さにファンも多かったようで、芦澤竜誠さんの試合なら見に行くという人は男女問わず多かったそうです。

しかし、2019年6月に行われたK-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~で大岩龍矢と再戦し判定負けを喫すると、試合前に「負けたら引退します」との公言通り引退しました。

 

個人的には、芦澤竜誠さんのことは好きでしたので、これからテレビで試合を観れなくなると思うと、とても寂しい気持ちになりましたね。

試合前の公言通り、負けてキッパリと引退するところが『男・芦澤竜誠』のカッコよさなんでしょうね。

スポンサードリンク

芦澤竜誠の引退理由について!

引用:https://www.k-1.co.jp

しかし、芦澤竜誠さんはなぜ本当に引退してしまったのでしょうか?

 

芦澤竜誠さんはとてもファンを大事にする人です。

ファンが引退してほしくないと思っていたら、芦澤竜誠さんはその気持ちに応えてK-1を続けてくれたはずでは・・・

芦澤竜誠さんは当時まだ24歳です。少なくともあと10年くらいはK-1選手として戦い続けることはできたのではないでしょうか?

なのになぜ引退してしまったのか。

そこには様々な理由があるようです。

引退理由1・ファイトマネーが安い

芦澤竜誠さんはかねてから「K-1のファイトマネーは安すぎる!」と公言しています。

その動画がこちら!

芦沢さんの試合はファンからもアンチファンからも人気があったので観戦チケットはいつもかなり売れていたそうです。

1試合で300万円分以上売ったこともあるとか・・・

しかし噂では、芦澤竜誠さんの1試合のファイトマネーは〇〇万円程度が相場だったそうです。

 

格闘家の選手のファイトマネーは、人気とチケットの売り上げで決まると言われています。

芦澤さんが、武尊さんや皇治さんほどの人気がなかったとしても、もう少し金額に配慮があってもよかったのではないかと思ってしまいますね。

引退理由2・K-1に見切りをつけた

2つめに考えられる理由としてK-1が嫌になったという説もあります。

先述したように、K-1選手としてのファイトマネーが安かっただけではなく、罰金制度などにも不満があったようです。

選手たちの試合前に行われる記者会見やフォトセッション時での暴言や乱闘は罰金が科せられているそうなんです。

今まで芦澤竜誠さんは、数々の選手に暴言を吐いたり乱闘シーンを起こしたりすることで罰金をかなり払ってきたとの噂があります。

この罰金制度がバカバカしくなって、K-1から引退したのではとも言われています。

芦澤さんは、見ている視聴者に試合が面白くなるようにパフォーマンスしていただけなんですけどね。

引退理由3・総合格闘家に転向するため

2019年6月以降、芦澤竜誠さんはメディアの前に姿を現していません。

一部の噂では、総合格闘家に転向するためにトレーニングをしているとの噂があったようですが、どうやらその可能性は低そうです。

芦澤竜誠さんはツイッターで「格闘技引退しようが俺は芦澤竜誠だぜ!どんなことをしてでも絶対輝くぜ!」とツイートしていました。

なので総合格闘家に転向することはないでしょう。

引退理由4・禁断のワードを口にしたから?

K-1の世界では他団体の話はタブーとされています。

芦澤竜誠さんは、そのへんの空気を読まない人なので関係なく発言しちゃうんですね。

芦澤さんは、今までに「RIZIN」「那須川天心」「武尊と天心なんでできないの?」など様々なタブーなセリフを発言してきました。

このことでK-1から注意され、引退に追い込まれたのではないかという噂もあります。

しかし、世の中の人が思っていることを芦澤竜誠さんが代弁してくれているわけですからね。

もしこんな理由が芦澤竜誠さんの引退の原因だとしたら、今後ますますK-1の人気は低迷していくでしょうね。

 

ちなみに同じようにリップサービスを行う皇治さんは、その辺は上手く避けて発言しています。

はたしてどちらの方が男らしいのでしょうか?

スポンサードリンク

芦澤竜誠の現在の活動は?

引用:https://www.k-1.co.jp

芦澤竜誠さんは2019年6月にK-1を引退してから、ラッパーとして活動しているそうです。

以前から音楽活動はしていたようで、最後の試合となった大岩龍也選手との試合では、自らの曲『芦澤竜誠ftSONOYA-MOTHRFXXKER』で入場しています。

 

これに対し、世間からは「音楽舐めるな」とか「ダサイ曲」なんて声も上がっていますが、本人は全く気にすることはないでしょう。

やりたいことやって言いたいこと言って好きに生きるのが俺の人生。がモットーの芦澤竜誠さんですからね。

今後のラッパーとしての活躍を期待したいところです。

スポンサードリンク

芦澤竜誠の引退理由がヤバい?!現在の活動を調べてみました!まとめ

引用:Twitter

芦澤竜誠さんの引退理由と現在の活動についてまとめてみました。

個人的な意見になりますが、芦澤竜誠さんが出ていたのでK-1を見ていましたが、引退してしまったので最近はあまり見ることが少なくなってしまいました。

私と同じようなファンが多いのではないかと思います。

もし可能なら、もう一度芦澤竜誠さんのあのアグレッシブな戦いを見たいですね。

ぜひRIZINあたりに出場お願いします!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました