K-1・KANA選手の経歴について!比嘉大吾も認めた実力!安藤美姫とは友人?

女子格闘技界の注目選手といえばK-1のKANA選手です。

先日開催された『K’FESTA3』では、イタリアのグロリア・ペリトーレ選手にわずか1RでKO勝ちを収めました。

そんな女子立ち技格闘技最強との呼び声もあるKANA選手について調べてみましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

K-1・KANA選手のプロフィール

・名前:KANA
・本名:森本佳奈
・生年月日:1992年7月29日28歳
・出身地:三重県松坂市
・身長:160cm
・所属:シルバーウルフ三軒茶屋
スポンサードリンク

K-1・KANA選手の経歴について!

KANA選手は、小学生の時から空手を習っていて、高校時代には陸上の選手としても活躍したそうです。

さらに、高校3年生の時にはやり投げでインターハイに出場したこともあるのだそうです。

小さい時から、身体を動かすことが好きで、運動神経も抜群だったんですね。

その後、キックボクシングを初めて、2015年9月にKrush.58でプロデビューしていますね。

その後、いくつもタイトルを取るなど、女子格闘家として華々しい経歴を持っています。

KANA選手のトレードマークの髪形は、かなりこだわりがあるそうで、なんと試合前に美容室に行って3時間もかけてセットするそうですよ。

しかし、これが功を制したのか、今では「短髪のカラフルヘアーの格闘家」といえばKANA選手というくらい定着してきています。

さらに、外見はかなり怖そうに見えますが、実は「誰からも好かれる人当たりの良い性格」なんだとか・・・。

やはり、強いだけではなく人間力もあってこそのチャンピオンなんですね。

スポンサードリンク

K-1・KANA選手のボクシング技術は比嘉大吾も認めている?

KANA選手は、普段から、所属するシルバーウルフで男性に交じって練習をしているそうで、その強さは半端じゃないそうです。

(チャンピオンなんだから当たり前か・・・(笑))

さらに目を見張るのが、そのボクシング技術で、なんとあの元WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾選手も「KANAさんとマススパーすることがあるけど、ホント強い」と評価していたそうですよ。

KANAさんの目標は「女子が格闘技で男性以上の試合を見せること」と話していました。

その言葉通り、KANA選手は先日の試合でグロリア・ペリトーレ選手を見事KOしています。

まさに

確かに、女子格闘家には「RENA選手」や「浅倉カンナ選手」などがいますが、ここまで鮮やかなKO劇を見せることができるのはKANA選手だけではないでしょうか?

今後の女子格闘技界は、どうやらKANA選手が中心になっていきそうですね。

スポンサードリンク

K-1・KANA選手は安藤美姫さんと友達だった?

KANA選手は、以前に雑誌の対談で元フィギュアスケートの安藤美姫さんと今後の格闘技界について話していました。

KANA選手はそこで、安藤美姫さんからも格闘技のセンスを絶賛されています。

「印象に残ったのはハイキック。キック力が他の選手よりも長けているのではないかと印象に残りました。あと、他の選手よりも3Rまでいっても足が止まらない。ずっと動いていますよね。単純に見て、KANA選手は日頃から自分を高めているところが試合で出せているのが印象に残りました。スティックを使った練習を初めて見させていただき、スティックを使うことでロングリーチの選手とも戦っていける、精神力や距離感の詰め方など日々研究されているのが分かりました。たくさんの名古屋の女性にKANA選手のファイトスタイル、姿を見て欲しいと思いました」 引用:https://gonkaku.jp/

このようにコメントしていました。

そして二人でミット打ちを行うシーンもありましたね。

比嘉大吾さんや安藤美姫さんから認められている格闘家ってなかなかいませんよね?

それだけKANA選手の技術がスゴイということなのでしょうね。

まとめ

K-1選手のKANAさんについてまとめてみました。

これからの女子格闘技界のエースとなるべく、日々厳しい練習をしているKANA選手の活躍を期待したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました