真木よう子の薬やってる疑惑について!激太り➡激やせ・ドタキャン騒動の真相は!

女優の真木よう子さんを検索しようとすると「真木よう子 薬」と出ます。

なぜそんなキーワードが?と思い調べたところ、確かに薬物を使用しているのでは?と思うような出来事がたくさん出てきたんです。

今回は、真木よう子さんの薬物疑惑について調べてみました。

スポンサードリンク

真木よう子は薬物を使用している?

引用:https://www.geinou-research555.com/

なぜ真木よう子さんに薬物使用疑惑が出ているのでしょうか?

調べたところ、どうやら数々の疑わしき言動があったからのようですね。

1つずつ見ていきましょう。

薬物使用疑惑1・激太り

真木よう子さんは、2015年に元旦那の片山怜雄さんと離婚しています。

離婚理由については「お互いのすれ違い」が原因と言われていましたが、この離婚報道の少し前に、真木よう子さんは、長塚圭史さんとの不倫が囁かれていました。

当時二人が仲良く寄り添って歩く姿をスクープされています。

この時のスクープがきっかけとなったのかはわかりませんが、その3年後に片山怜雄さんと離婚しています。

そして、その1年後にメディアの前に姿を現した時の真木よう子さんがこちら。

顔は丸く、鎖骨も浮いていないので、おそらく10キロ以上は太ったのではないかと思われる写真ですね。

真木さんは、この写真の当時はかなりのストレスを抱えていたようで、ホストクラブで2000万円以上も散財していたことを週刊誌にㇲッぱ抜かれてました。

この激太りも離婚によりストレスという見方もあれば、薬物を絶ったことによる激太りとも考えられます。

薬物使用疑惑2・激やせ

激太りしたかと思ったら、今度はあまりの激やせぶりに心配する声が上がっていました。

真木さんは2017年にドラマ「セシルのもくろみ」に出演したのですが、その時の画像がこちら!

先程の画像と比較すると、ほぼ別人と言っても良いくらいの痩せ方です。

噂によると、どうやら役作りとして痩せたということですが、ここまで痩せる必要が果たしてあったのでしょうか?

さらに本人は「ヨガにハマっていてやり続けたら痩せた」と話していたそうですが、ネットで「真木よう子 ヨガ」と探しても何もヒットしないので実際のところはわかりませんね。

薬物使用疑惑3・ドタキャン騒動

真木よう子さんは、2017年にドラマ「セシルのもくろみ」の収録をドタキャンしたことが話題になりました。

さらに、そのドタキャンは1回だけではなかったそうで、現場に遅刻してくることもしばしばだったそうです。

「撮影を完全に中止したことは、これまでありませんでした。でも何度か遅刻をしたことがあったんです。午前中の撮影ができず、スケジュールが午後にずれ込んでしまいました。主演女優が遅刻して撮影を止めるなんて、本来はありえない。ドタキャンなんてもってのほかです。スタッフからも『呆れた』との声があがっていました」(前出・ドラマ関係者)

このことについて、本人や事務所からは「体調不良が続いた」などと報告されていますが、実は一部では「アルコールや薬物のやりすぎで家から出られなくなった」と言われているそうなんです。

確かに、薬物を使用してアルコールを摂取すると、酔いが何倍も早くまわり、また酔いがさめるのも遅くなります。

そして薬物を使用している人の特徴として、時間がわからなくなる。感情の浮き沈みが激しい。というのがあります。

「ここ最近の彼女は浮き沈みが激しいんです。周囲を圧倒するほどハイテンションなこともあれば、一転して落ち込んでいることもあって。あまりに起伏があるため、スタッフからも『彼女は大丈夫なのかな?』と心配の声があがっていました」(ドラマ関係者)

さらに、このドラマの後に出演することが決まっていた映画も体調不良により降板しています。

このころから、薬物使用が疑われるようになりました。

スポンサードリンク

真木よう子のTwitterが大炎上!

引用:https://www.cinematoday.jp/news

真木よう子さんの大暴走はまだ続きます。

真木さんは、以前に主演を務めていたドラマ「セシルのもくろみ」の視聴率低迷にあたって、Twitterでいきなり「リアルタイムで見てくれた方と相互フォローいたします」と発言したり「ドラマを見てください!」と土下座し始めたのです。

どうやら真木よう子さんは、このドラマに相当な意気込みがあったようで、視聴率を上げるために数々のことをしていたんです。

しかし、そんなに頑張るなら、なぜドタキャン騒動を起こしたりするのかがわかりませんが・・・

その後、真木さんがクラウドファンディングで集めた製作費で作った写真集をコミックマーケットで販売すると発表したところ「コミケはそういう場所ではない」とバッシングを受けて大炎上。

真木さんは謝罪し、販売を取りやめますが、その後公式Twitterのフォロワーを全て削除し、名前を変えて鍵をかけています。

これらの騒動から「真木よう子=お騒がせ女優」というレッテルを貼られることになり、さらに薬物疑惑まで持ち上がることになったんですね。

スポンサードリンク

真木よう子の現在は?

引用:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/

真木さんは、以前は「フライングボックス」という別の事務所に所属していましたが、ギャラの配分が理由でトラブルを起こし契約を解除。

現在は個人事務所「そよかぜ」に所属しながら、大手の芸能プロダクション「レプロエンタテインメント」とマネージメント契約を結んで活動をしています。

2019年1月にはテレビ東京「よつば銀行 原島浩美がモノ申す」で主演を演じたり、2020年1月には短編ドラマ「ファーストラブ」にも出演していました。

それらを見る限りでは、体型は安定していて薬物使用の遍歴は見られませんでしたが、以前のイメージとのギャップや滑舌の悪さに注目が集まっているようですよ。

いったい真木よう子さんは、薬物を使用しているのでしょうか・・・

スポンサードリンク

まとめ

真木よう子さんの薬物使用疑惑について調べてみました。

真木さんは、激太りから激やせしたり、主演ドラマの撮影に遅刻したりドタキャンしたりしたことで薬物を使用しているのではないか?と噂され始めたようです。

最近ではちょくちょくドラマにも出演するようになりましたが、確かに呂律が回っていないような話し方や、目がうつろなところなども見られるので、今後も薬物使用疑惑は消えることはないかもしれません。

とても綺麗な女優さんなので、そのようなことがないことを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました