ぺこぱ【松陰寺太勇】の経歴について!家族構成や学生時代・デビューまで!

2019年のM-1グランプリで決勝まで進んだ「ぺこぱ」

惜しくも第3位という結果に終わりましたが、あの独特の漫才とツッコまないスタイルが話題になり、人気が急上昇しています。

そんな「ぺこぱ」のソフト突っ込み?役の松陰寺太勇さんっていったいどんな人なんでしょうか?

着物着て、化粧して、ナルシストキャラって今まで居そうで居なかったキャラですよね。

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

ぺこぱ【松陰寺太勇】のプロフィール

引用:Twitter

プロフィール
本名松井勇太
生年月日1983年11月9日38歳
出身地山口県光市
血液型O型
身長170cm
特技ギター
相方シュウペイ
所属サンミュージック

松陰寺太勇さんは、本名を松井勇太さんといいます。

 

勇太を逆にして太勇にしたんですね。

 

そして松陰寺というのは、地元山口県にある松陰寺からとったそうです。

 

松陰寺太勇さんは日本史が好きで、特に幕末が大好きだそうです。

 

松陰寺は幕末の志士・吉田松陰先生を祭神としている神社です。

 

ここから名付けるあたりが本当に歴史が好きなんだなとうなずけるエピソードですね。

 

特技はギターだそうで、一時は本気でミュージシャンを目指していたほどハマっていたそうです。

 

ちなみに野球が大好きで、千葉ロッテマリーンズの大ファンだと話していました。

スポンサードリンク

ぺこぱ【松陰寺太勇】の学生時代からデビューまで

引用:https://nkskad.com/pekopa-shoinji/

ぺこぱ・松陰寺太勇さんの学生時代について調べてみましたが、小学校・中学校時代の情報が見つかりませんでした。

 

しかし高校は「山口県立光丘高校」を卒業しています。

 

この山口県立光丘高校は1983年に開校された学校で、県内では中堅高として知られていました。

 

しかし2020年には県立光高校と合併してしまうそうです。

 

高校時代は野球部に所属していたそうですが、同時にバンドも組んでいて2足のワラジを履いていたようですね。

 

しかし、野球よりも音楽のほうが好きだったのか、野球部を辞めてミュージシャンを目指してバンド活動に専念することになります。

 

キャットミュージックカレッジ専門学校に入学

引用:http://musicschool-navi.jp/schools

松陰寺太勇さんは、山口県の高校を卒業後、大阪にある「キャットミュージックカレッジ専門学校に入学」にミュージシャンを目指して入学します。

 

高校時代からバンドを組んでいて、ギターの腕には自信があったのですが、周りのみんなを見たらとてもレベルが高かったので、無理だと思い半年で諦めたと語っていました。

 

そしてある日、テレビで「エンタの神様」をみて「芸人ならいけるかも?」と思った松陰寺さんは芸人になることにしたそうです。

 

その後、カレー屋さんでアルバイトをしながらピン芸人として活動していた時に相方のシュウペイさんと出会います。

 

当時のシュウペイさんは超が付くほどのチャラ男だったそうで、洗い場で頭を上下に立て振りしながら皿を洗っていたそうです(笑)

 

その姿をみた松陰寺さんは「なんだこいつは?面白いやつだな」そう思って声をかけたのがコンビ結成のきっかけだったと話していました。

スポンサードリンク

ぺこぱ【松陰寺太勇】M-1に出場するまで

松陰寺さんが「ぺこぱ」としてテレビに出て売れるようになるまでには様々な苦労があったようです。

 

最初はピン芸人「松井祭」として活動していましたが、シュウペイさんと出会ったことで、コンビを結成。「先輩×後輩」というコンビ名で活動していました。

現在のキザなキャラクターはこの時から存在していたんですね。

 

ちなみにこのキザなキャラクターのモチーフは「CHAGE and ASKA」のASKAさんなのだそうです。

 

まったく違うような気が・・・

 

松陰寺さん。ASKAさんのファンに怒られますよ・・・(笑)

 

また、松陰寺さんは芸人をやりながらも、ミュージシャンとしての夢も諦めていなかったようで、自主制作したCDを2枚も発売しています。

その売り上げ枚数は・・・・・

 

書くのはやめておきましょう。御想像にお任せします。

 

しかし、芸人としてもミュージシャンとしても鳴かず飛ばずの時代が続いていて、もう芸人を辞めようとしたことがあったそうです。

 

そしてもう辞めるんだから、最後に思い切ってボケとツッコミを変えて見ようとチェンジ。

 

さらに着物を着て化粧をするというキャラクターを作ったところ見事に受けて2019年のお正月に放送された『ぐるない おもしろ荘2019』で優勝することになるんですね。

長い下積み生活から出て、やっとぺこぱが日の目を浴びた瞬間でした。

 

ちなみにこの直後に、所属していたオスカープロモーションからサンミュージックに移籍しています。

 

そしてこの功績が高く評価されて、世間に認知され始めたころ、M-1に出場し、見事決勝進出まで勝ち進んだわけですね。

 

ちなみに、松陰寺さんに着物を着てみたら?とアドバイスをしたのは「WAHAHA本舗の喰始(たべはじめ)さん」だったそうです。

スポンサードリンク

ぺこぱ【松陰寺太勇】の家族構成

引用:Twitter

松陰寺さんは、父親・母親・姉・妹の5人家族で育ちました。

 

松陰寺さんには、甥っ子姪っ子が6人いるとの情報があったので、お姉さんと妹さんはおそらくすでに結婚されているのだと思います。

 

そして本人は2019年に長年交際してきた女性と結婚されています。

 

2020年の1月にはTwitterに自身の奥さんと思われる人と、愛犬と一緒に画像を投稿しています。

顔が出ていないので、非公表ということですね。

 

詳しいことはわかりませんが、おそらく一般の人であることは間違いないでしょう。

 

本人は結婚したことを隠すどころか、いたるところで公表していたがどのメディアでも取り上げてくれなかったとか・・(笑)

 

ちなみに、この画像を見る限りでは、まだお子さんはいないようです。

ぺこぱの意味とは?

ぺこぱとは韓国語で「お腹が空いた」との意味だそうです。

 

私も最初「ぺこぱってなんだろう?」と思っていたのですが、韓国語だったんですね。

 

ちなみに名付け親は、あの元プロボクサーで俳優の赤井英和さんの娘、赤井沙希さんだそうです。

 

いつまでもハングリー精神を失わないという気持ちを込めた意味で名付けたそうですよ。

とても綺麗でお父さんには全然似ていませんね。

この顔でプロレスラーということがスゴイです。

まとめ

今回は、ぺこぱ「松陰寺太勇」さんの経歴、学生時代、デビューまでをまとめてみました。

 

2019年のM-1では惜しくも優勝は逃してしまいましたが、これからますます活躍していくことが予想されます。

 

松陰寺さんのキャラは忘れようにも忘れられないほど、インパクトのあるキャラですからね。

 

これからの活躍を期待しています。

 

では今回はこのへんで終わるのもくないだろう!

 

最後までお読みいただきふぁりがとうございました!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました