高橋メアリージュンの借金地獄とガン告白の真相は?感動で涙が止まらない・・

人気モデルの高橋メアリージュンさんの著書「わたしの『不幸』がひとつ欠けたとして」を読んだことがあるでしょうか?

この作品でメアリージュンさんは自身の半生について語っていますが、恋愛や病気のことなどとても勇気づけられる内容になっています。

あのキレイでスタイルも良いメアリージュンさんには、一体どんな過去があったのか?

今回は、そんな高橋メアリージュンさんの半生についてまとめてみました。

スポンサードリンク

高橋メアリージュンのプロフィールはこちら!

引用:https://www.msn.com/ja-jp/news

高橋メアリージュンさんは1987年11月8日生まれの33歳です。

日本人の父とスペイン系フィリピン人の母とのあいだに生まれました。

4人兄弟の長女であり、妹は同じモデルの高橋ゆうさん、弟はプロサッカー選手の高橋祐治さんです。

2004年に17歳でモデルとしてデビューし、その後は女優、タレントとして活躍しています。

このプロフィールを見る限りでは、メアリージュンさんはとても順風満帆な人生を歩んできたように見えますが、実は彼女の半生はかなり壮絶なものだったんです。

スポンサードリンク

高橋メアリージュンが借金地獄になった理由とは?

引用:https://www.oricon.co.jp/news/2107623/

メアリージュンさんの父親は、牛乳配達の経営者だったのですが、メアリージュンさんが中学1年生の時に倒産、家族全員で夜逃げをしたそうです。

当時は、闇金からの催促の電話がすごくかかってきて、そのたびに引っ越しを繰り返していたと語っています。

それまでは家族全員で月に1度はディズニーランドに旅行に行ったりするほど裕福な家庭だったそうです。

それがいきなりの倒産と夜逃げですからね。

生活が一変したと語っています。

今まではブランコがあったりログハウスなども所有するほどの豪邸に住んでいた家族が、小さな家に5人で暮らすようになります。

しかも引っ越しの費用がなかったので、自分たちで荷物を運んだと話していました。

お金がなかったので食べるものもなく、毎日とてもお腹が空いていたのを覚えているそうです。

ちなみに妹のゆうさんは、公園の雑草をむしって食べたりおやつとしてアリを食べていたんだとか・・・

今のお二人の活躍ぶりからは想像もできない現実ですね。

今でも借金を払い続けている

高橋メアリージュンさんはその後、オーディションに合格し15歳で芸能界入りを果たします。

そして彼女は会社から出るお給料でいまだに借金を払い続けているそうです。

『会社からいただいたお給料は、「高橋家」に一度入れています。そこから、両親がわたしたちに生活費として振り込む。この生活が 15 年近く続いています』

さらにこんなこともあったそうです。

モデル時代に、友人から誕生日パーティーに誘われたそうなのですが、プレゼントを買うお金がなかったので「ゴメン、その日仕事だから・・・。今度別でお祝いさせて」と言って断っていたそうです。

華やかなモデル生活の裏ではそんなことがあったとは驚きです。

引用:https://www.oricon.co.jp/news

芸能界にいる人ってお金があるイメージが強いですよね。

人目にさらされる仕事なので、ストレスが凄いぶん、プライベートでは豪遊しているイメージがあったのですが、メアリージュンさんの本を読んでイメージが大きく変わってしまいました。

成人してから稼いだお金を実家に全部入れるって、簡単にできることではないと思います。

しかもその借金は自分で作ったものではないのに・・・。

今まで育ててくれた両親と仲良しの兄弟のために、15年以上経った今も払い続けているんです。

メアリージュンさん。素晴らしい女性です・・・。

スポンサードリンク

高橋メアリージュンがガンを告白!

引用:https://instagrammernews.com

高橋メアリージュンさんは2016年に医師からある病名を言い渡されます。

その病名とは「子宮頸がん」でした。

彼女は今まで2つの大きな病気を克服しています。

「顔面神経麻痺」「潰瘍性大腸炎」です。

特に「潰瘍性大腸炎」は難病に指定されているほどの病気で10万人に2~3人がかかると言われている非常に難しい病気なんです。

当時の様子をメアリージュンさんはブログに投稿しています。

以前、Twitterやブログでもご報告させて頂きましたが、私は潰瘍性大腸炎という難病指定の病気を患っています。

病院で診断されるまで私自身も知らなかったこの難病。
きっとまだまだ知らない方がいると思います。
一見、『この人トイレが近いな。』『お腹弱いな』で済みそうですが、
私の経験談では、常に近くにお手洗いがないと不安で、外を出歩くのも勇気がいて、ゆっくり買い物というのも難しくて、DVDを選んで借りるのも一苦労で、お手洗いに人が並んでる時なんてそれはもう絶望的で…
すると食べる事にさえ抵抗が出て痩せちゃったり、
酷い時は痛みと貧血に悩まされ仕事に集中できない、倒れそうになる事も。
こんなタイミングでお手洗いに行きたくない。直前に行ったはずなのにまたすぐ行きたくなる。でも行かないともっと悪い状況になる。
そんな葛藤に悩まされる事もあります。
理解して頂いている方といる時は、このタイミング?というタイミングだとしてもお手洗いに行かさせて頂いています。
でも理解して頂くチャンスが無かった場合、タイミングがよめない人と思われる事もあるでしょう。
同じ病気に悩まされてる方々のためにも、そして病気の早期発見のためにも、少しでも多くの方にこの病気を知って頂きたい、理解して頂きたい、そして病気に負けず前向きに生きていく励みになりたい。

当時は、外出することも怖かったと話しています。

そんな「潰瘍性大腸炎」という難病を克服したと思ったら今度は「子宮頸がん」を言い渡されたのです。

しかもその言い渡された日はメアリージュンさんの誕生日だったそうです。

メアリージュンさんのショックは、普通の人には計り知れないものだと思います。

ところがその日、メアリージュンさんは誕生日を祝ってもらっている動画を投稿しています。

この動画はガンを告知されたあとのメアリージュンさんです。

今後、自分がどうなるかわからないのにとても気丈に振る舞っています。

この動画で私はメアリージュンさんの心の強さと生き方を見た気がします。

私なら、このような行動はとれないでしょう。絶望して部屋に籠っていると思います。

なぜガンを自ら告白したのか?

高橋メアリージュンさんは、自らガンを告白したことについて次のように語っています。

「恐れ多いとは思ったのですが 病や困難をきっかけに私なりに〈何を思い、どう立ち向かい、今をどう生きてるか〉を伝えることで、今、闘ってる人の心に少しでも寄り添えたり、背中を押すことができればという想い、そして子宮頸がん検診(その他健診)に行ってほしいという想いで書かせて頂きました」

自らガンを告白した理由は、一人でも多くの人に検診を受けてもらいたいというメアリージュンさんの願いだったんですね。

スポンサードリンク

高橋メアリージュンの家族愛がヤバい!感動!

引用:インスタグラム

高橋家には家族全員が参加するグループLINEがあるそうです。

このグループLINEを始めようと言い出したのはメアリージュンさんなんですね。

彼女は「人生の時間には限りがある」との意識が強く、家族のルーツを知るために考案したのだそうです。

父や母はどんな両親に育てられて、どんな仕事をして、どんな友達がいて……当たり前のことですが、わたしは記憶がある時期からの両親しか知りません。わたしが生まれる前の両親のことを知りたくなり、わたしからお願いをして両親たちの歴史を送ってもらうようにしたのです。

このメアリージュンさんからの提案は、父親はとても嬉しかったそうで、毎日のように長文で送ってくるそうですよ。

メアリージュンさん。とても家族思いの女性なんですね。

高橋メアリージュンの借金地獄とガン告白の真相は?感動で涙が止まらない・・まとめ

高橋メアリージュンさんの借金とガン告白の真相についてまとめてみました。

書いてみてわかりましたが、こんなにいろいろな苦労をしてきた女性だったなんて思いませんでした。

テレビで見るかぎりは、いつも素敵な笑顔をみせているので一切感じられませんでしたが、借金、病気、ガンと困難な道を乗り越えてきたんですね。

メアリージュンさんは、現在はガンを手術で摘出し、克服したとコメントしています。

これからのますますのご活躍を期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました