野口和夫(劉云涛)容疑者の顔画像やプロフィール!さいたま市の覚せい剤男が逮捕!

さいたま市の住宅で覚せい剤事件の家宅捜索を受けていた時に、2階のベランダから逃走していた男が4日ぶりに逮捕されました。

逮捕されたのは中国籍の野口和男こと劉云涛容疑者(28)です。

この記事では、野口和男こと劉云涛容疑者の顔画像やプロフィール、ネットの声についてまとめてみました。

スポンサードリンク

野口和男(劉云涛)容疑者・さいたま市の覚せい剤男が逮捕!

20日、さいたま市の住宅で覚醒剤事件の家宅捜索を受けていた際、逃走した中国籍の男が知人の家に潜伏していたとみられることが分かりました。

中国籍の野口和男こと劉云涛容疑者(28)は20日、さいたま市岩槻区の自宅で覚醒剤事件の家宅捜索中に2階のベランダから飛び降り、車で逃走しました。

24日に知人とともに出頭し、今年2月に自宅で覚醒剤を所持した疑いで逮捕されました。

その後の捜査関係者への取材で、劉容疑者は当時、裸足で逃走していましたが、出頭した時には靴を履いていたほか、服装も変わっていたことから逃走中に知人の家に潜伏していたとみられています。警察は逃走していた際の足取りを詳しく調べています。    引用:ヤフーニュース

 

さいたま市で逃亡していた男がついに逮捕されました。

 

劉云涛容疑者は、3日間も警察から逃れながら逃亡していました。

 

いったい逃亡中はどこに身を潜めていたのでしょうか・・・。

 

スポンサードリンク

野口和男(劉云涛)容疑者の顔画像がこちら!

警察の家宅捜索中に自宅から逃亡し、3日間以上逃亡していた野口和男(劉云涛)容疑者の顔画像がこちら!

 

野口和男こと劉云涛容疑者は、自ら警察に出頭しています。

 

警察は300人態勢で劉容疑者を追っていましたが、結局は捕まえることはできなかったようです。

 

劉云涛容疑者は逃走した時とは違う服装で警察に出頭してきていて、身元をかくまっていた人物がいたようですね。

スポンサードリンク

野口和男(劉云涛)容疑者のプロフィール

現時点でわかっている野口和男(劉云涛)容疑者のプロフィールはこちら!

名前:野口和男(劉云涛)リュウ・ウンジュ
国籍:中国籍
年齢:28歳
住所:さいたま市岩槻区
職業:解体工

 

ここまで騒ぎになったニュースですが、あまり報道されていません。

 

やはり犯人が中国籍となると、報道を控えているのでしょうか・・・。

 

スポンサードリンク

野口和男(劉云涛)容疑者は逃亡中にどこにいたのか?

それにしても、野口和夫こと劉云涛容疑者は3日間ものあいだ、いったいどこにいたのでしょうか?

 

警察の発表によると、劉云涛容疑者は知人に連れられて警察に自ら出頭してきたということです。

 

しかも、逃走時とは違う服装で、裸足で逃げたはずなのに靴もしっかりと履いていたそうです。

 

ということは、その知人の家でかくまっていたのか・・・?

 

それとも別に協力者がいて、出頭するときだけその知人に一緒に警察に行ってくれるように頼んだのか・・・。

 

もし誰かにかくまわれていたとなると、その人物は罪に問われるのでしょうか・・・。

 

もしかしたら、劉云涛容疑者と一緒に覚せい剤を使用していた仲間かもしれませんね・・・。

野口和男(劉云涛)容疑者逮捕についてネットの反応は?

命懸けで上部に報告すべき何かがあったのだろう。
今頃は関係する糸はほとんど切られて、捜査陣に手繰られないようになっていましょう。
用済みなのでこの男を自首させた、あるいは切り捨てたのでしょう。

中国人の犯罪者も増えてきましたね
日本にいる外国人の中で検挙数が一番多いのが中国人
それでも中国人の低所得者は日本に入ってこれないので抑えられてる方なのだと思いますが
外国人が増えるとこういう事件が増えるので心配です。

 

なぜ日本は犯人が外国人とわかると報道を控えようとするのでしょうか?

こんなに世間に不安と恐怖を与えた事件なら、もっと大々的に報道するべき!これだから日本から外国人の犯罪が減らないんだと思う!

 

知人も中国系ですかね?何か怖いですね。

まとめ

さいたま市の覚せい剤事件で家宅捜索中に逃亡し、4日ぶりに逮捕された中国籍の野口和男こと劉云涛容疑者についてまとめてみました。

 

劉容疑者が逃走中にどこにいたのか?そしてだれにかくまってもらっていたのか?

 

それはこれからハッキリすると思われます。

 

警察はこの事件をうやむやにせず、しっかりと取り調べを行い世間に発表する義務があると思います。

 

もし出頭してこなかったら、いつまでも近隣の住民は不安と恐怖におびえたまま暮らしていたことになるんですから・・・。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました