林恭航容疑者の顔画像がこちら!全国初のインターネットで口座管理アプリに不正アクセスで逮捕!

インターネットで銀行口座を管理するアプリに不正にアクセスし、銀行のATMから現金40万円あまりを引き出したとした容疑で中国籍の林恭航容疑者(27)が逮捕されました。

林恭航容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しているそうです。

この記事では、林恭航容疑者の顔画像がプロフィール、そして今後このような不正アクセスの被害にあわない方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

林恭航容疑者・口座管理アプリに不正アクセスで逮捕!

全国で初めて、銀行のアプリを使ってATM=現金自動預払機から現金が不正に引き出された事件で、逮捕された男が、偽サイトで口座情報を集めたわずか30分後に金を引き出した疑いがあることが分かりました。

不正アクセス禁止法などの疑いで逮捕され、門司警察署に移送されたのは、東京・中央区に住む中国籍の林恭航容疑者(27)です。

林容疑者は今年6月、「auじぶん銀行」のアプリに他人の情報を入れ、ATMから現金42万円を引き出した疑いが持たれています。

警察によりますと、偽のサイトで北九州市の男性からパスワードなどの情報を集め、その30分後に出金の手続きをとったとされています。

ただ、アプリを新たに登録するには、その場限りの暗証番号などのパスワード以外の本人認証も求められ、林容疑者が、どのように銀行のセキュリティーをかいくぐったかは分かっていません。

警察は役割分担をしたうえでの組織的な犯行とみて捜査しています。    引用:ヤフーニュース

このような犯罪での逮捕者は全国初ということです。

 

毎回思うのですが、なぜこのような犯罪を犯す人は、もっと良い方向にその頭脳を活かさないのでしょうか・・・。

 

こういうことを考えて作り出す能力があれば、もっと別なことでお金が稼げると思いますが・・・。

 

スポンサードリンク

林恭航容疑者の顔画像がこちら!

林恭航容疑者の顔画像がこちら!

 

 

 

警察は、今回の犯行を林恭航容疑者の単独犯とは見ていないようです。

必ず、共犯者がいるとみて捜査を進めているそうです。

スポンサードリンク

林恭航容疑者のプロフィール!

現時点でわかっている林恭航容疑者のプロフィールはこちらです!

名前:林恭航
年齢:27歳
住所:東京都中央区
職業:調査中
国籍:中国籍

林恭航容疑者は、不正にアクセスして入手した口座の情報で、東京都大田区のコンビニのATMで現金を引き出したようです。

 

わざわざ、住んでいる中央区ではなく、大田区まで行ったのは身元を分かりにくくするためなのでしょう。

 

しかし、防犯カメラに映っていた映像で林恭航容疑者の関与が明らかになったようです。

スポンサードリンク

不正アクセスの被害にあわない方法とは?

では、今後自分が同じような被害にあわないためには、どのようなことに気を付けなければならないのかをお教えしたいと思います。

 

1つ目は「身に覚えのないメールは開かないこと」です。

 

今回の事件で被害にあった北九州市門司区の男性は、SMSにいきなり「荷物が届きましたが、不在なので持ち帰りました」とのメールが来たということです。

 

この時点で「なんの荷物だったのか」「荷物が送られてくる予定があったのか」を調べる必要がありますよね?

 

最近では中国から訳の分からない種子などが送られてきたりしています。

 

身に覚えのない宅配物だったとしたら、家族や友人などに確認して、なんの荷物をいつ送ったのか?

それを確認するようにしましょう。

 

2つ目は「送付のURLをチェックすること」です。

 

先程の送られてきたメールをもう一度良く見てみましょう。

 

文面の下に「URL」が添付されています。

 

この時に「http」「https」なのかを確認するようにしましょう。

 

この末尾についている「S」は「SSL化」といってサイトのセキュリティがなされているかどうかを確認するものなのです。

 

つまり「S」が付いているURLはセキュリティ的にも安全(もちろん例外もあります)「S」がついていないURLはウイルスや不正にアクセスされたものである可能性が高いということです。

 

もし、自分にこのようなメールが送られてきて、そのサイトのURLに「S」が付いていなかったら、とりあえず開くのはやめて、そのURLが安全なものなのかどうかインターネットで調べるようにしましょう。

 

調べ方は、そのURLをGoogleやヤフージャパンの検索コードに入力すれば簡単にわかるはずですよ。

 

3つ目は「絶対に個人情報を入力しないこと」です。

 

基本的なことですが、もしサイトのURLをクリックして個人情報を入力するページにとんだら、いったんそのサイトを閉じて警察に相談するようにしましょう。

 

金融機関や宅配業者がダイレクトメールで銀行の口座番号や暗証番号を聞いてくることは絶対にありえません!

 

もしそのようなサイトだったとしたら、すぐにページを閉じて警察に連絡してくださいね。

まとめ

インターネットで銀行口座を管理するアプリに不正にアクセスし、銀行のATMから現金40万円あまりを引き出したとした容疑で逮捕された中国籍の林恭航容疑者についてまとめてみました。

 

コロナの影響なのか、最近は特殊詐欺のような事件を起こす中国人が増えてきています。

 

しかも、恐るべき知能を使って巧みに人からお金を騙し取ろうといろいろな手段を使ってきていますね。

 

絶対に、メールや電話などで個人情報を教えないようにしてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました