K-1・武尊が負けた試合動画がこちら!相手は「ミナミの天才」と呼ばれていた!

K-1の武尊選手は今までで、1度だけ負けたことがあります。

その相手というのは京谷祐希選手です!

当時、軽量級では最強と言われていた武尊選手に1RでTKO勝ちを収めています。

そんな京谷選手は、今ではどのように活躍しているのでしょうか?

スポンサードリンク

K-1・武尊が負けた試合がこちら!

K-1武尊が唯一、黒星を喫した試合の動画がこちら!

最初の1分くらいは、なかなかの攻防が続いていたのですが、1分30秒あたりから、京谷選手のパンチがガンガン当たり始めます。

武尊選手は食らっても食らってもガードをせずに、前に出る性格なので、見ている観客はとても面白かったとおもうのですが、その性格が災いしてケガによる1RTKO負けとなってしまいました。

スポンサードリンク

K-1・武尊に勝った京谷祐希選手とは?

武尊選手に唯一KO勝ちをしたのが、京谷祐希選手です。

京谷選手は大坂出身で「ミナミの天才」と呼ばれていた選手。

戦績は当時、武尊選手と同じく5戦しており、武尊選手との対戦の一つ前にKO負けしており、5戦4勝(2KO)1敗というものでした。

きっと武尊選手にとっては通過点の一つってしか思っていなかったのかもしれません。

しかし、先程の画像を見ても分かるように、実力で武尊選手に圧倒しています。

この試合で武尊選手は引退を考えたそうですが、同じジムの卜部兄弟が引き留めたことで、再び格闘技を続けて今の活躍があるんですね。

スポンサードリンク

K-1・武尊に勝った京谷祐希選手の現在は?

京谷選手は、現在はK-1ではなく「RISE」という格闘技団体で活躍しているそうです。

「RISE」といえば、あの那須川天心選手も所属している団体ですね。

京谷選手は怪我のため約2年間リングを離れていた時期もありましたが、2015年に復帰。

2016年にはラウェイ日本王者で那須川天心とも対戦した浜本”キャット”雄大や、2019K-1スーパー・バンタム級世界トーナメント3位の玖村修平にも勝利するなどその実力は健在です。

RISEには2019年8月に参戦すると元RISEスーパーフライ級1位の金子梓を2RKOに沈めており、これからますますの活躍が期待されています。

スポンサードリンク

まとめ

K-1の武尊選手に勝った男・京谷祐希選手について調べてみました。

京谷選手は、ケガで苦しみながらも、現在は「RISE」で活躍しています。

しかし、年齢を考えると33歳なので、厳しい状況ではありますが、ぜひもう一度、武尊選手と対戦してほしいですね。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました