中国ウイルスはバイオハザード?ウイルスの拡散はゴミ処理の間違いが原因?

アメリカのトランプ大統領が、新型コロナウイルスについて「中国ウイルス」と名付けたことで波紋を呼んでいます。

この発言を受けて、中国からは「顔に泥を塗った」と大きく抗議しているようです。

そして、この新型コロナウイルスは人為的な作為によるバイオハザードだとの動きも強まっています。

スポンサードリンク

新型コロナウイルスは中国ウイルス!

トランプ大統領が新型コロナウイルスを中国ウイルスと名付けたことで、中国からは非難の声が上がっています。

しかし、この背景には、中国が「アメリカ軍がウイルスを武漢に持ち込んだ」とツイートしたことが原因となっています。

果たして、それは事実なのでしょうか?

新型コロナウイルスは米軍が持ち込んだ?武漢で管理していた女性科学者はだれ?
新型コロナウイルスの発生原因について、様々な噂が飛び交っています。 中でも興味を引くのが「米軍が武漢にコロナウイルスを持ち込んだ可能性がある」とのツイートです。 これはいったいどういうことなのでしょうか?
スポンサードリンク

中国ウイルスはバイオハザード?

トランプ大統領が名付けた、この「中国ウイルス」は人為的な事故であるという噂が広まっています。

新型コロナウイルスは、武漢の華南水産市場で集中的に検出、確認されました。

この生鮮マーケットの近くには、2つのバイオサイエンスの研究所が存在します。

一つは「武漢ウイルス研究所」で、もう一つが「武漢疾病対策予防管理センター」です。

「武漢ウイルス研究所」は、マーケットから12キロの距離にあるといいます。12キロといえば、首都圏なら川崎と横浜の距離にあります。

川崎で肺炎が蔓延すれば、横浜に伝染するのは、まあ時間の問題でしょう。目と鼻の先にある距離といって決して過言ではありません。

しかし問題は「武漢疾病対策予防管理センター」で、このセンターは、海鮮市場からわずか280メートルの距離しか離れていないのです。

そして今回の中国ウイルスは、どうやらその「武漢疾病対策予防管理センター」から間違って流出してしまったそうなんです。

スポンサードリンク

中国ウイルスの拡散はゴミ処理の間違いが原因?

中国ウイルスが拡散してしまった原因は、「武漢疾病対策予防管理センター」からでたゴミを、ある女性科学者が処理の方法を間違えてしまったことだと噂されています。

そしてすでにその女性は解雇されており、この世にはもう存在しないとまで言われています。

隠し事が好きな中国。もしかしたら、隠蔽のために行動を起こしたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

今回の記事をまとめてみました。

1・アメリカのトランプ大統領が「中国ウイルス」と呼んだのは、中国が「ウイルスは米軍が武漢に持ち込んだ」とツイートしたことが原因である。

2・中国ウイルスが拡散したのは、武漢の科学者がゴミの処理を間違えたのが原因である。

3・そのウイルスを持ち込んだのが米軍かどうかはわかっていない。

以上です。

新型コロナウイルスの影響で、世界の経済は大きく揺れ動いています。

世界の中心と言っても過言ではないアメリカと中国なので、責任のなすりつけ合いをしていないで、一刻も早く、解決策を考えてもらいたいものですね。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました