ホテルのアメニティはどこまで持ち帰りOK?現役ホテルマンが教えます!

ホテルに宿泊する時の楽しみの一つに充実したアメニティというのがあります。

特に女性はアメニティの充実さでそのホテルのランク付けをする方も多いそうです。

最近ではビジネスホテルでさえ、高級なアイテムが備えられていますが、果たしてどこまで持ち帰ってよいのでしょうか?

今回は「ホテルのアメニティに関する情報」をお届けいたします。

ホテルのアメニティグッズって何があるの?

ホテルのアメニティグッズには様々あります。

代表的なのがシャンプーやリンス、石鹸や歯ブラシなどがそうですね。

また最近ではビジネスホテルなどにもボディタオルやボディスポンジなどが設置されていて、競争の激しいホテル業界で生き残るにはアメニティグッズを充実させるといった手法をどのホテルもとっているようです。

そしてこのアメニティグッズ。使用しなかったグッズは全て持ち帰って良い物なので持ち帰るようにしましょう。

特に無料のミネラルウォーターやティーバッグなどは、ホテルのオリジナルの商品や、ショップなどではなかなか購入することのできないアイテムも結構あるんです。

私なんかは1回だけ泊まったことのある「ディズニーランドホテル」のアメニティグッズが、いまだに家の洗面所に置いてありますからね(笑)

ホテルの宿泊代金に含まれているのですから、遠慮しないでしっかり持ち帰って旅の思い出の品にするようにしてくださいね。

ホテルのアメニティで持ち帰りNGのグッズとは?

「アメニティとはホテル側で用意された、洗面所などに備え付けられたグッズのこと」を指します。

しかし、ドライヤーやグラスなどは備品になります。

当然のことながら持ち帰りはNGになりますので注意するようにしましょう。

これ以外にも、スマホの充電器や靴ベラなど備品扱いとされているアイテムは結構あります。

ここでアメニティグッズと備品の仕分けをしてみました。

持ち帰りOKのアメニティグッズ

・シャンプー&リンス(ミニボトルのみ)
・ボディソープ&石鹸
・歯磨きセット
・ひげ剃り、綿棒
・無料のミネラルウォーター
・お茶パック、ティーパック等
・部屋用の使い捨てスリッパ
・ボディタオル(袋に入っているもの)

★ようするに使いきりの物であれば基本全部OK

 

持ち帰りNGの備品

・ドライヤーや充電器などの電化製品
・使い捨てではないスリッパ
・バスローブ、バスタオル
・グラス、カップ類
・灰皿、栓抜き

★ようするに再利用できるものは備品なのでNG

わかりやすくするとこんな感じですかね?

また微妙なのがタオルです。タオルはホテルによっては全てNGなところもあればバスタオルもOKというホテルもあります。

このあたりはホテルによってまちまちなので、持ち帰っていいかわからないアイテムがあったらフロントに問い合わせてみてくださいね。

現役ホテルマンが教える、アメニティグッズのお得な持ち帰り方法

それではここで、現役ホテルマンが教えるアメニティグッズを持ち帰るときのお得な方法をお教えします。

それは非常に基本的なことになりますが、外出時には必ずルームの清掃を入れることです。

ホテルマンをしていて感じることの一つに、ルームの清掃を入れない。というゲストが結構多いんです。

まあ、潔癖症な人や知らない人に自分の洋服なんかを触ってほしくない。と思う人が多いのはわかります。

私も、仕事などでビジネスホテルに泊まる際には清掃はいれませんからね。

(これは実は潔癖などではなくて、この業界の人出不足を重々わかっているから、せめて僕一人くらい清掃を入れなければ少しは清掃係の人の仕事が減るんじゃないかな?という気づかいもあったりします(笑))

外出中に清掃に入ることが出来なければ、当然のことながらアメニティグッズの補充もできませんよね。

なので、ホテルに宿泊の際には可能な限り清掃を依頼することをおススメします。

そこでアメニティグッズを補充してくれるわけですが、もちろん使用されていなければ係の方は補充しません。

なので、補充されることを念頭に入れて使用していないアメニティグッズはバッグに入れておくか持ち帰れるようにどこかに置いておきましょう。

これはちゃんとした宿泊者の権利です。せこくもなんともありませんよ。勘違いしないでくださいね。

だって宿泊する日数分のアメニティの料金は宿泊代金に含まれているんですからね。

たとえ自分では使うことがないとしても、奥さんや恋人などに持ち帰ってあげれば決して嫌な顔はしないと思いますよ。

皆さんもぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました