槇原敬之が所持していた「ラッシュ」はゲイ常備薬!覚せい剤よりも恐ろしいその効果は?

覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕された槇原敬之さん。

実は、槇原さんは覚せい剤も他に「ラッシュ」とよばれる違法薬物を持っていたことがわかりました。

実はこの「ラッシュ」は、覚せい剤よりも恐ろしい薬物だと言われているんです。

いったいどんな効果があるのか?調べてみましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

槇原敬之が所持していた「ラッシュ」とは?

引用:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/.

槇原敬之さんが使用・所持していた「ラッシュ」は覚せい剤や大麻などと違って一般的にはあまり知られていない危険ドラッグです。

しかし、その効果は覚せい剤以上とも言われていて、依存性は低いが使用による快楽は凄まじいものがあるそうです。

液体の中身は亜硝酸イソブチルや亜硝酸イソアミルと呼ばれるもので、シンナーとよく似たニオイがするそうです。

「ラッシュ」は主にラブ・ドラッグと呼ばれていて性行為の時に使用するドラッグだそうで、快楽が何倍にも増すのだとか・・・

「性行為や自慰行為で絶頂が近づくと、小瓶に鼻を近づけたり中の液体を垂らしたティッシュを鼻に近づけて吸い込んだりするんです。10秒ぐらいで強烈な興奮に襲われ、いきなり絶頂感が高まり、フィニッシュ時の快楽がものすごい。その快感が楽しくて、違法になるまで使っていました」引用: https://biz-journal.jp/

槇原さんは、覚せい剤と一緒に「ラッシュ」を使用していたようです。

スポンサードリンク

槇原敬之が所持していた「ラッシュ」は覚せい剤よりも恐ろしい!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

危険ドラッグ「ラッシュ」は、覚せい剤よりも恐ろしいと言われています。

かつて危険ドラッグ「ラッシュ」を使用したことがある人は、あることが理由で使用するのを止めたそうです。

「半年ぐらい使っていたら肺に痛みを覚えるようになり、危ないのかな、と思ってしばらく使用せずにいました。その後、自宅の天井や台所にネズミが出るので、カゴに餌を入れ、中に入ったら出口が閉まるような罠を仕掛けて数匹のネズミを捕まえました。そのネズミの背中にラッシュを染み込ませたティッシュを載せて、様子を見ていたんです。1分ぐらいすると、いきなりネズミの動きが速くなり、カゴの中で暴れました。そして、次の瞬間、いきなり倒れて死んでしまったのです。それを見てから怖くなって、使用をやめました」  引用: https://biz-journal.jp

どうやら「ラッシュ」は、一歩間違えば死ぬこともあるホントに危険な薬物なんだそうです。

スポンサードリンク

槇原敬之が所持していた「ラッシュ」はゲイの常備薬!

引用:https://www.cinemacafe.net

危険ドラッグ「ラッシュ」は、ゲイの常備薬と呼ばれています。

槇原敬之さんが、そちらの方だったというのは承知の事実ですよね?

つまり槇原さんは、男性と性行為をするために「ラッシュ」を所持していたということですね。

使用すると、肛門の筋肉が緩んで性的興奮が高まるのだそうです。

ちなみにこの「ラッシュ」はイギリスでは合法だそうで、政府が「ラッシュ」を違法にしようとしたらゲイの皆さんが猛反対したという歴史があります。

スポンサードリンク

槇原敬之が所持していた「ラッシュ」はどこで買える?

引用:https://matome.naver.jp

「ラッシュ」は15年くらい前は法規制されておらず、街中のアダルトショップで普通に販売されていました。

しかし、現在では危険ドラッグに指定されているため国内では手に入れることはできません。

ネットなどで海外のサイトから購入することはできると思いますが、日本では所持していただけで犯罪になります。

手に入れようとは思わないでくださいね。

槇原敬之が所持していた「ラッシュ」はゲイ常備薬!覚せい剤よりも恐ろしいその効果?まとめ

槇原敬之さんが所持していた「ラッシュ」の危険性について調べてみました。

しかし、槇原敬之さんは覚せい剤だけではなく、「ラッシュ」も使用していたとなるとすでに薬物依存症になっているとおもいます。

前回の逮捕から20年以上経ってもいまだに止めることができないほど、薬物依存症は恐ろしい病気なんですね。

槇原敬之また逮捕!清原和博【現在】のように更生は出来ないのか?
槇原敬之さんが2020年2月13日に覚せい剤取締法違反と疑いで逮捕されました。 人気歌手の2度目の逮捕に、世間では「またか」や「ショック」などの声が上がっています。 同じく覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博さんは、現在病院に通院しながら更生の道を進んでいるそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました