島田紳助の現在の仕事は無職?収入はどうしているのか調べてみました!

2020年1月13日に、元お笑い芸人の島田紳助さんが約8年ぶりにメディアに出演して話題になっています。

島田紳助さんといえば、2011年8月に暴力団との交際が発覚。芸能人の掟を破ったとして自ら引退を決意された人物ですよね。

その島田紳助さんが友人であるmisonoさんのユーチューブチャンネルに出演し、今の芸能界について語りました。

久しぶりに見た島田紳助さんですが、芸能界を引退されてはや8年。

いったい、今現在はどのようなお仕事をして収入を得ているのでしょうか?

今回は、元タレント・島田紳助さんの現在のお仕事と収入について調べてみました。

スポンサードリンク

島田紳助の現在の仕事は無職で間違いない?!

引用:http://amatome.site/archives/5516192

元タレントの島田紳助さんが、約8年ぶりにメディアに出演したことで話題になっています。

出演したのは友人であるmisonoさんのユーチューブチャンネルですが、久しぶりの出演ということで世間の皆様の注目を浴びていますね。

出演時のルックスがかなりラフな格好で出演されていて、少しですが髭も生やされていました。

一体、現在はどのようなお仕事をされているのか気になるところですが、今現在の島田紳助さんは無職で間違いないようです。

あるテレビ番組内で、島田紳助さんと交流のある井上公造さんが「現在は収入ゼロ。貯金だけで過ごしています」「(貯金は)国家予算とまではいかないが、どっかの県くらい」

と話していました。

ここで気になるのが「どっかの県くらい」というワードですよね?

どっかの県くらいとは????

ちなみに2020年の日本国の予算が102兆円です。

102÷47=2.17なので・・・

単純に計算しても2兆円は持っているとの計算になります。

それだけの貯金があれば、十分に暮らしていけます。今現在が無職というのも納得できますね。

スポンサードリンク

島田紳助は現在収入はどうしているのか?

引用:https://www.hachi8.me/shimada-shigenosu-now

8年ぶりに均衡を破ってメディアに出演した島田紳助さん。

今現在は無職ということがわかりましたが、それでは一体収入はどうされているのでしょうか?

実は、島田紳助さんは不動産や株式などをかなりお持ちのようで、ほうっておいても自動的にお金が入ってくる資産家のようです。

なんでも、お持ちの資産の額は実に1億円以上とか・・・。

さらに、島田紳助さんは飲食店もいくつかプロデュースされていて、そこからも収入があるようです。

島田紳助さんのプロデュースしたお店

★寿司 はせ川 大阪心斎橋
★京風鉄板 はせ川 東心斎橋
★BAR HASEGAWA 東心斎橋
★日本焼肉 はせ川 銀座

調べただけでもこの4つのお店がヒットしました。

もしかすると、今ではこれ以上お持ちの可能性もあるとか・・・。

ちなみに、なぜ「はせ川」という名前なのかというと、島田紳助さんの本名が「長谷川公彦」さんとおっしゃるからですね。

不動産や株だけではなく、これだけの飲食店をお持ちなら、おそらく権利収入だけでも月に数百万円は入ってくるでしょう。

今現在、島田紳助さんはこのようにして収入を得ているということですね。

スポンサードリンク

島田紳助さんの芸能界復帰はあり得る?

misonoさんのユーチューブチャンネルに出演し、約8年ぶりに姿を見せた島田紳助さん。

果たして、芸能界への復帰はあるのでしょうか?

島田紳助さんは、このユーチューブの中でこのように語っています。

「今の芸能界は大変ですよね。ものを言いたいね。芸能人がバラエティーで規制をかける。これを言ったらあかん、あれを言ったらあかんと。芸能人が浮気したらあかんと。不倫したらあかんと。女いったらやいや言われて。芸能人のなり手いなくなるで」

まさに1度芸能界の頂点に君臨していた島田紳助さんだから言えるコメントだと話題になっています。

では、自らが芸能界に復帰して再び芸能界を盛り上げてくれるのか?と思ったのですが、どうやら本人にはその意志はなさそうです。

 

島田紳助さんは「毎日、好きなことが出来て楽しい。ストレスなくなったわ」と話し、「友人や引退後に新たにできた友人たちとともに、クソガキみたいに遊んで過ごす毎日。今遊んでいる友達は一般人ばかりですし、もしヤクザの影があったら誰も僕に寄り付きませんよ。生きがいなんていらない。日々楽しかったらそれだけでいい」と老後についてコメントしていました。

 

今回は、友人でもありとても親しくしているmisonoさんのユーチューブチャンネルだからといって、特別ゲストとして参加しただけで今後は再びメディアに出演することはないのかもしれませんね。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました