【花粉症】コーヒーにあることをすれば鼻水が止まる!眠くなるのを防げます!

花粉症の季節になると辛くなるのが鼻水、くしゃみ、のどの痛み等の症状ですよね。

特に鼻水は仕事中にしょっちゅうかむわけにはいかないし、風邪薬を飲むと眠くなるし・・・

そこで今回は、あっという間に鼻水を止める秘密の裏技を伝授したいと思います。

風邪薬を持っていない時や、クルマの運転をしなきゃいけない人には必見の情報ですよ!

スポンサードリンク

花粉症 コーヒーを飲んで鼻水が止まる?

実はこの方法は、私が昔から使っている方法で職場で風邪薬を持っていない時や会議の前などに鼻水が止まらない時に使っていた方法です。

その方法は「コーヒーをメチャクチャ甘くして飲む」だけです。

この方法を使うと、鼻水が一瞬で止まり鼻のムズムズした感も無くなるんです。

ちなみにどれくらい甘くかというと、コーヒーカップ1杯に対して角砂糖4~5個です。

1杯で止まらない時は2杯飲むようにしましょう。

なぜこの方法で鼻水が止まるかというと、これは予想ですが、どうやら糖分が鼻の粘膜を固めてくれるのではないかと思っています。

このとても甘いコーヒーを飲むことで鼻水が止まるので、風邪薬を飲んだ後のような眠気に襲われる心配はないでしょう。

ただし気をつけてほしいのが、ただ鼻水が止まるだけなのでそれ以外になんの効果もありません。

コーヒーにはカフェインが含まれているので、風邪気味の人は控えたほうが良いと思いますし、頭痛や咳などには効果はありません。

あくまでも、瞬発的に鼻水が止まる方法として試してみてくださいね!

スポンサードリンク

花粉症 鼻水を止めるにはこの方法もおススメ!

鼻水を止める方法として『手のツボを押す』という方法も効果的です。

親指と人差し指の骨の付け根の合わさったV字になっている所のツボを、もう片方の人差し指と親指ではさんで適度な力で揉みます。

このツボは鼻水・鼻づまりのみならず、目のかゆみや充血、顔のむくみ、頭痛など、花粉に悩まされがちな症状のうち、首から上の全般に対処できる万能のツボです。

ぜひ覚えておいておくようにしましょう。

ほかにもドライヤーで首筋やうなじの部分を温めたり、軽い運動をするなど、上半身を温めることによって体温が上がり鼻がすっと通るそうですよ。

ぜひみなさんも一度試してみて、自分にあった止め方をマスターするようにしてくださいね!

スポンサードリンク

花粉症 ならないために気を付けることは?

花粉症になる人の特徴としては、やはり遺伝的な体質の違いや、住んでいる環境などがあげられます。

基本的なこととして、花粉症にならないためには

  1. 外出時はマスクを着用
  2. 帰宅時はすぐに服の花粉を払う
  3. 部屋の中に外からの風を入れない

この3つを意識して生活するだけでも、花粉症になる確率を減らすことができるでしょう。

さらに花粉がないところに移住するというのも重要なことです。

南国・沖縄にはスギやヒノキが圧倒的に少ないので、花粉症になる人は少ないと言われています。

東京だとスギやヒノキが占める面積は40%ですが、沖縄の場合は0.3%しかありませんので「花粉はほぼ無いに等しい」と言っても良いでしょう。

ただし、スギやヒノキはありませんが、サトウキビやリュウキュウマツの花粉はあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

まとめ

花粉症に苦しむ人は、鼻水だけではなく咳や頭痛なんかもあると言います。

私は花粉症になったことはないのでわかりませんが、ひどい人だと入院する人もいるそうですね。

毎年、花粉に苦しめられるよりは、いっそのこと沖縄にでも移住してみてはいかがでしょうか?

苦しみから解放されると思いますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました