フジモンと木下優樹菜の離婚の原因は子供?タピオカ事件は関係なし?!

吉本興業に所属するお笑い芸人の「フジモン」こと藤本敏史さんと「ユッキーナ」こと木下優樹菜さんが2019年12月31日に離婚したことを発表しました。

木下優樹菜さんと言えば、実の姉が勤務するタピオカ店のオーナーに対する暴言で世間を騒がせ、今では芸能活動を自粛しています。

この事件がきっかけで藤本敏史さんと離婚に至ったのでは?と世間の方々は思っていますが、実は本当の離婚の理由はこのタピオカ事件ではないようです。

一体、二人が離婚した本当の原因は何なのでしょうか?

調べてみましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

フジモンと木下優樹菜の離婚の原因は子供?

今回の藤本敏史さんと木下優樹菜さんの離婚の本当の原因はなんだったのでしょうか?

メディアやネットでは、今回の離婚の原因は2019年7月に大きなバッシングを浴びたタピオカ事件とは直接の関係はなさそうです。

調べてみると、実はタピオカ事件の1年くらい前からフジモンと木下優樹菜さんの2人は家庭内別居をしていたほど関係は悪化していたようです。

スポーツニッポンの記事によると、

すでに双方が代理人を立てて子供の親権などについても話し合いは済んでおり、31日にも離婚届を提出するとみられている。

との記事が掲載されていました。

すでに、タピオカ事件よりも以前から二人の関係は良く無かったとのことです。

つまり離婚の直接の原因はタピオカ事件ではないということですね。

まあ、直接的な理由ではないにしろ、離婚を決定づける要因になったことは間違いなさそうです。

では、フジモンと木下優樹菜さんの離婚の本当の原因は何なのでしょうか?

実は、離婚の直接の原因はどうやら子育ての方向性に対する違いという説が浮上してきました。

調べたところによると、長女のリリナちゃんの小学校の受験に対して進学先を巡って意見が衝突したり、小・中・高と受験させようとする優樹菜さんに対し、幼稚園から高校までエスカレーター式に学校に入れようとする藤本さんとで意見がぶつかることはしょっちゅうだったといいます。

子育ての仕方に対して、二人がどのように意見が違ったのかはわかりませんが、お二人の子供ですので、出来ればなんとか歩み寄ってお互いの意見を受け入れるということをしてほしかったのですけどね・・・。

本当の原因はいまだに謎のままです。

スポンサードリンク

フジモンと木下優樹菜さんの離婚は秒読みだった?

引用:https://www.news-postseven.com/

フジモンこと藤本敏史さんと木下優樹菜さんは2010年の8月に結婚。

当初は美女と野獣コンビとして話題になり、理想のおしどり夫婦と言われるほどでした。

そして木下優樹菜さんは2012年に長女リリナちゃん、2015年に次女のマカナちゃんを出産。

フジモンはイクメンパパとしてテレビでも子煩悩なところを見せたりしていて、とても幸せそうに見えていました。

ですが、今回の離婚が正式に発表されるまでに木下優樹菜さんは藤本さんから5回も離婚届を持ってこられたとある番組で話していました。

藤本さんのこの行動からどのようなことが想像できますでしょうか?

旦那に離婚届を5回も持ってこられるほど木下優樹菜さんに問題があるのか?

それとも些細なことですぐに離婚話を持ち出すほど、藤本さんが器量の狭い人間ということなのか?

そしてお互いが本格的に離婚を視野に入れるようになった大ケンカが1年前に起こったそうです。

その時の大ゲンカでは、お互いに暴力を振るうほどのケンカだったとか。

その直後くらいから家庭内別居が始まり、今回のタピオカ騒動がダメ押しとなったようです。

スポンサードリンク

フジモンと木下優樹菜さんの離婚が大晦日になった理由は?

引用:https://kiyo0406.com/huzimonn/

藤本敏史さんと木下優樹菜の離婚は、なぜ年末の大晦日に発表されたのでしょうか?

それはやはり大晦日ということで離婚のニュースが他のニュースで埋もれることを狙ってのことでしょう。

このような計画的なところを見ると、やはりだいぶ前から離婚することは決まっていたと見えます。ただ発表を大晦日にしたかっただけではないでしょうか?

もしかするとタピオカ騒動に時点では、すでに離婚に対してお互いに何かのアクションを起こしていたことも想像に難しくないですね。

ちなみに、2人のお子さんの親権は木下優樹菜さんが持つようですね。

一時期はおしどり夫婦と呼ばれ、仲良くCMにも出演していた藤本敏史さんと木下優樹菜さん。

離婚の本当の原因はいまだに本人たちの口からは語られていませんが、これからも芸能活動は頑張ってほしいと思います。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました