荒木秋冬容疑者の顔画像!プロフィールや実家はどこ?焼肉店立てこもり犯の素顔がヤバい!

 

2022年1月、東京・代々木にある焼肉店に立てこもり、爆弾を仕掛けたなどとした騒ぎを起こして28歳の男が現行犯逮捕されました。

 

逮捕されたのは荒木秋冬容疑者です。

 

荒木秋冬容疑者は「人生を終わりにしたかった」などと供述しているということです。

 

この記事では荒木秋冬容疑者の顔画像やプロフィール、実家の場所やネットの声についてまとめてみました。

 

荒木秋冬容疑者・焼肉店に爆弾を仕掛けて逮捕!

東京・代々木の焼き肉店で起きた立てこもり事件で、逮捕された男の高校時代の同級生がANNの取材に対し、「ムードメーカーで頼りになる存在だった」と話しました。

荒木容疑者の高校時代の同級生:「(荒木容疑者とは)高校の時と部活の時ですね。2年の時にクラスが一緒でした。レスリング部でした。ふざけたりとか周りを笑わせたりとか結構よくしていましたけど、基本的にはムードメーカーみたいな感じでしたね。頼りになる感じの人でしたね」

荒木秋冬容疑者(28)は焼き肉店で6000円分の飲食をした後、店長を人質に立てこもった監禁の疑いで現行犯逮捕されました。所持金はゼロでした。

その後の警視庁への取材で、荒木容疑者が「店に人質をとって立てこもれば、死ねると考えた」「どこか店があるだろうと歩いていた時に目に入ったのが焼き肉店の看板だった」と話していることが新たに分かりました。  引用:TV朝日

 

人生を終わりにしたいなら自分ひとりで終わらせればよいのに、なぜ周りの人を巻き込むのかがわからない・・・

 

こういう人って本当は終わらせる気なんかなくて、ただ周りの人に心配してもらったりかまってほしいだけなんですよね・・・(笑)

 

28歳で周囲からはムードメーカーのような男が、なぜこのような犯行に至ったのか・・・

 

今後の警察からの発表が気になりますね。

 

 

荒木秋冬容疑者の顔画像がこちら!

 

「人生を終わりにしたかった」として爆弾を仕掛けたと焼肉店に人質を取って立てこもった荒木秋冬容疑者の顔画像がこちらです!

 

 

 

現在、世界はコロナウイルスで飲食店は大変なことになっているので、多少怪しい客がきても売り上げのために断るようなことはしないでしょう・・・

 

そんな中、しっかり飲み食いをして6000円分もの飲み食いをしてから死のうと思っていたのでしょう。

 

この荒木秋冬容疑者の6000円分の飲食代金は、しっかりと家族から回収するべきですね。

 

 

荒木秋冬容疑者のプロフィール!

 

現時点でわかっている荒木秋冬容疑者のプロフィールはこちら!

 

名前:荒木秋冬(あらきあきと)
性別:男性
職業:不明
出身:長崎県?
元レスリング部
※学生時代は頼りにされるムードメーカーだった(友人談)

 

荒木秋冬容疑者の実家はどこ?

 

荒木秋冬容疑者の地元はどこなのでしょうか?

 

ネットで報じられている友人の証言VTRを見てみると、長崎県内となっています。

 

なので荒木秋冬容疑者の地元は長崎県ではないか?と推測されますね。

 

 

また高校時代はレスリング部に所属していたこともわかっています。

 

逮捕時、所持金は0だったことから無職だった可能性が高いですが、もしかしたら実家から上京して仕事が上手くいかずに自暴自棄になって犯行に及んだ可能性が高いですね。

 

こちらについてはまた新しい情報が入り次第、追記していきます!

 

 

荒木秋冬容疑者は小田急線事件を真似した?

 

逮捕された荒木秋冬容疑者は、警察からの調べに対し「最近起きた小田急線事件の犯人のようになりたかった」と供述していということです。

 

さらに京王線で火事が起きてジョーカーの恰好をした男が逮捕された事件にも影響されていたことがわかっています。

 

「バリケードを作り店内に立てこもった荒木容疑者は、店にあった刃渡り約30cmの牛刀を持ちワインを飲んでいたが、暴れる様子はなかったそうです。店長には『危害を加えるつもりはない』と話し、こうも言っていたとか。『最近あった電車内の事件のようにしたかった』と。昨年8月に小田急線内で10人が刺傷された事件。また10月に京王線内で火事が起き、18人が重軽傷を負った事件を念頭に置いていたようです。  引用:ヤフーニュース

 

京王線の事件の犯人である服部圭太容疑者に関する記事はこちら!

 

荒木秋冬容疑者逮捕についてネットの反応は?

真面目な人間ほど思い込みが激しく行動に起こしやすいのかな。
楽天家の人の犯罪って判らないですけど、あまり聞かない気がします。
後、どうして地方の人が大都会に出て来て犯罪を起こすのだろうか。
地元でも起こせる筈だが、やはり地元の人の目って気になるのだろうか。
都会に行けば何とか成るだろうって思いで来たのだろうが、都会は逃げ場所では無いよ。

 

地下鉄のジョーカーに続き、また20代の都内での怨恨無き無差別の犯行。
物心ついた時からデフレで貧困化していく日本に絶望し、さらにこの年代に共通している価値観は、自己責任論で染まっていること。政府や周りの大人達には自分で何とかしなさいと公助を無視した共同体意識が希薄な人間の背中を見て育てば、本当に困った時はお互い様と助け船を出してもらうことは甘えだと教育もされて、将来に絶望しているのは容易に想像できる。貧すれば鈍するで貧困でもがき苦しんでいる若者に明るい未来が無い国に、我々も本気で日本を変えていかなければならない。
その一丁目一番地こそが、経済健全化。まさにデフレからの脱却こそが全日本人の豊かな未来に寄与することは明白だ。

 

この世の中で自暴自棄で人に迷惑掛けるなと言うが、だつたら困窮者を救えよと言いたい。
この犯人だって好き好んでこの様な行動をしたわけでは無いだろう。
今このコロナ禍で、先が見えずどうしたら良いか分からない方が沢山いると言うことを政府は岸田は分かっていない。
まだまだこの手の犯罪は、出始めに過ぎずこれからもっと起きる・・と昨年断言していたがやはりである。

本当のこと言って、この手の犯罪は日本ではまだ少ない方だと感じる。

 

何故定職につけなかったのか、今後解ってくると思いますがコロナ禍によるものなのか、自分の能力なのかその辺りではなしが少し変わってくるんでしょうね。

 

まとめ

 

東京・代々木の焼肉店に人質を取って立てこもって逮捕された荒木秋冬容疑者についてまとめてみました。

 

人生を悲観してこのような周りを巻き込む犯罪がとても多発していますね・・・

 

やはりコロナウイルスによる世間のストレスも多少ならずとも影響しているのは間違いないでしょう・・・。

 

また最近ではオミクロン株なんて新種も発見されたことで、さらに生きずらい世の中になってしまいました・・・・。

 

今後の日本の未来がどうなっていくのか・・・・考えるととても不安でたまりませんね・・・

 

タイトルとURLをコピーしました