新型コロナウイルスから子供を守る3つの方法とは?マスク着用だけじゃない?

新型コロナウイルスの猛威が世界中を襲っています。

現在日本ではマスクが品薄になり、中国からの観光客は激減する状態に陥っています。

いま小さなお子様がいる方は、とても不安な毎日を過ごしていると思います。

ここで新型コロナウイルスから子供を守る3つの方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

新型コロナウイルスから子供を守る方法は手洗い!

新型コロナウイルスから子供を守る方法として一番重要なのが手洗いだそうです。

「ウイルスを含んだ唾液」はあちこちに飛び散っていますので、手洗いは非常に重要になります。子どもが自分から進んで手を洗うことは、たとえ小学生くらいになっても絶対にありません。親が責任を持って、1日に何度も子どもと一緒に手洗いをしてください。石けんで20秒以上、流水で洗い流すのに20秒以上、何か童謡を2曲くらい歌いながら洗ってください。

そしてこれはインフルエンザの予防にも同じことが言えると小児科の先生が話していました。

確かに子供は、外から帰ってきても「手を洗いなさい」と言わない限り洗おうとはしません。

必ず石鹸で指先から手首までしっかりと洗うことで、ウイルスの感染から身を守れるわけですね。

小さな子供がいる家庭はしっかりと行うようにしましょう!

スポンサードリンク

新型コロナウイルスはマスクを通り抜ける?

新型コロナウイルスの感染を防ぐためにマスクを着用していますが、実はマスク着用はあまり効果がないようです。

新型コロナウイルスは飛沫感染によって広がることがわかっています。

コロナウイルスに感染している人が1つ咳をすると、「ウイルスを含んだ唾液」と「ウイルス粒子そのもの」が、約2メートルくらいまで飛び散るそうです。

そのウイルス粒子はマスクを素通りしてしまうので、実は防御効果はほとんどないと専門家の人がコメントしています。

もちろんマスクをするかしないかで言えばしているほうが予防策としては良いとは思います。

しかし小さな子供はマスクをつけるのを嫌がります。いくらつけてもすぐに外して遊んでしまいますよね?

なので無理にマスクをさせようとするよりも、しっかりと手洗いをさせるほうが予防には良いということですね。

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの予防にうがいは効果がない?

新型コロナウイルスの予防にうがいを進める人がいますが、ハッキリ言ってうがいは効果がないと言われています。

うがいというのは日本だけの風習なので、外国では珍しがられる行為だと言われています。

なかには、ただ喉を傷めるだけだという意見もあるくらいです。

うがいは、やりたい人はやっても構わないそうですが、ほとんど効果がないことは覚えておいたほうがよさそうです。

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの収束はいつ?

2020年2月1日の時点での「新型コロナウイルス」被害は、7万人を超えていて死者は170人以上にのぼるそうです。

そして日本国内では、20人の感染者が確認されているとのこと。

現在WHO「世界保健機構」が事態の収束に動いているそうですが、いまだにメドは経っていないようです。

このままいくと、アジア圏内だけでも感染者は100万人を超え、死者が増え続けていってしまいます。

これ以上被害が大きくなる前に、早めの鎮静化を願うばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました